FC2ブログ
 最近のアニメ・ゲーム・漫画のニュースや感想をメインに、自分が描いた同人誌の宣伝などをやっていくサイトです。 シナリオのある作品ならなんでも好きです。アニメ・漫画・ゲーム・ラノベ・エロゲ・少女漫画とかも普通に読みます。持ってるゲームハードはPSP・3DS・PS3・Xbox 360
 Copyright © イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2010/01← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2010/02
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

鳳仙鬼:housenki

Author:鳳仙鬼:housenki
 ↓↓↓
俺妹同人誌 


DL販売中

・モンハン3G
3.jpg

 今HR50ぐらい
 


・閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-

kagura_20121012120520.jpg

Vita買えと!?

なまえ:鳳仙鬼(ほうせんき)

FC2ブログへようこそ! 




Angel Beats!を応援してます。
DL販売始めました。
target=_blank>border=0 alt="Angel comics! DLsite.com直リンク">



ランキングサイト参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

ブログランキングのブログん家

人気ブログランキングへ


 
 
現在視聴中アニメ


リトルバスターズ
 
ジョジョの奇妙な冒険

絶園のテンペスト

まおゆう魔王勇者

D.C.III ~ダ・カーポIII~
 
みなみけ ただいま
 
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
 
閃乱カグラ

THE UNLIMITED 兵部京介

AMNESIA(アムネシア)

僕は友達が少ない NEXT

ビビッドレッド・オペレーション

たまこまーけっと

イクシオンサーガDT

PSYCHO-PASS 【サイコパス】

銀魂 (三期)

ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】
 
さくら荘のペットな彼女


 


【現在プレイ中ゲーム!!】



【好きなクリエイター】
麻枝准(シナリオライター・作詞家・作曲家)
丸戸史明(シナリオライター)
タカヒロ(シナリオライター)
野村哲也(ゲームクリエイター・イラストレーター)
堀口悠紀子(アニメーター) 
王雀孫 (シナリオライター)
伏見つかさ (小説作家)

 

 
【好きなアニメ】
CLANNAD
コードギアス
ガンダム00
けいおん!
喰霊-零- 
化物語
Angel Beats!
ベン・トー
ゼーガペイン


【好きな男性声優】
神谷浩史
杉田智和
櫻井孝宏
小野大輔
中村悠一
緑川光

 
【好きな女性声優】

大波こなみ
みる
花澤香菜
早見沙織
後藤沙緒里
石原夏織
松岡 由貴
沢城みゆき
竹達 彩奈

 
【好きなゲーム】
FFⅩ
デビルメイクライ
テイルズオブジアビス
CLANNAD
リトルバスターズ
真剣に私に恋しなさい!


【購入予定のゲーム】

テイルズオブエクシリア2
デビルメイクライ4
モンハン4
レミニセンス(エロゲ)
太陽の子(エロゲ)


 
【オススメ!!ラジオ♪】


・A&G超RADIO SHOW~アニスパ!~
・神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~
・リトバスのラジオ
・杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン
他一週間に10本以上聞いてます 
 

 


 
現在の閲覧者数:

 
【★★★リンク★★★】
 
相互リンク募集中です♪

エロゲー好きのおすすめエロゲー紹介サイト
 
☆アニメ感想ブログ様リンク☆ 


TAKRO的ヲタ日記
 
霧の向こうに繋がる空虚
 
特定しますたm9(`・ω・´)



さくらさくらFESTIVAL!






">banner_momoyo.gif
">syangrila_b.gif
">key.gif
Navel『俺たちに翼はない』を応援しています!
WHITE ALBUM2 -introductory chapter- / Leaf




最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ




カウンター




xxINFOMATIONxx
Welcome to イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!! !!
メッセージスペースです。
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


シュタインズ・ゲート(STEINS;GATE) 小説作ってみた。 その他今期アニメ・テイルズオブエクシリアの話とか 
2011/07/09 /22:51
シュタインズ・ゲート(STEINS;GATE) 小説作ってみた。
 
これXBOX360の比翼恋理のダーリンがくそだったので、自分で作りたくなって
 
作り始めたんですが、最近ニコニコでドラマCD聞いたんですが・・・
 
ヤバイこれ公式のドラマCDとネタかぶってるwwww
 
出鼻をくじかれた感じがするwww
 
なんかベタ展開とか言ってるけどやっぱベタなんだろうか・・・。
 
でもベタさって重要だと思うんですよ。ベタな話にしつつも色々変化球を投げるみたいな。
 
まさか話かぶるとわヽ(´Д`;)ノ
 
ああああああああああああ

 
でもしょうがないもう半分ぐらい書いたし・・・
 

ちょっと冒頭の話を載せます。最初めっちゃかぶってる(;´Д`)
 
ガクブル((((;゚Д゚))))
 

 
とりあえず小説冒頭です。あ、ネタバレはアニメ14話まで見ればなんとか大丈夫なレベルです。
 


 
 

8月25日
夏も終わりに近づいた頃。
外は蒸し暑く、日々何をするもなく、ただ時間だけがすぎて行くのを感じる。
毎日毎日、何もしない。一日中一人でラボにこもってだらだら過ごす。だらけた青春ではあるが、こういう平和な毎日が、一番の贅沢ではないかと思う。
俺は溜まっていたレポートを書きながら夏休みを、18の夏の最後の青春を満喫してしている。
そのはずだったのだが・・・。 
「で?助手よ、ひとつ訪ねるがなんだこれは?」
「は?・・何って見てわかるでしょ、肉じゃがだけど?」
「どこの世界にみかんとレモンがまるまる入ってる肉じゃががあるのだ!!こんなもん食えるかアホ!!」
そこには皿の上に紫色の汁にみかんとレモンが2つ乗っただけの謎の汁漬けが置いてあった。ついでにタマネギの腐ったような異臭もした。
どう目を凝らしても、肉どころかじゃがいもさえ見当たらない。
「ちょ、なによせっかく私があんたの野菜不足を気遣って、その、手料理作ってあげたってのに・・それに・・・あんたのためだけに作ったわけじゃないし・・・」
「じゃぁ、他の奴に食わせろ」
「おいダル、助手が作った肉じゃが食うか?」
隣で携帯ゲームに夢中になってる肥満気味の男に話しかける
「パス、僕はさっきメイクインニャンニャンで昼ご飯食べたからお腹いっぱいだお」
「おおおおおっ!!トゥットゥルー!!やった!!やったよ、オカリン!ジンロウガ倒したのです!!」
「碧玉出た?」
「まって今見るよ~♪」 
なんのゲームか知らんが、隣でまゆりとダルとるか子、そしてバイト戦士の鈴羽までもが4人で携帯ゲームをしている。 
「ぐぬぬぬ・・・おい!貴様ら!!俺は一人、だらだらと寝転がって何もしないという贅沢な夏休みを過ごそうとしていたのだ!」
「それを毎日毎日このラボに入り浸りおって・・・」
「いや、あんたそれ一番ダメな過ごし方だから。なにそのぼっち大好きみたいな言い方」
「ふん、助手にだけは言われたくないわ」
「オカリン仲間に入れて欲しいなら素直に言ったらどうかな?」
「うるさい、黙れ人質よ、べつにそんのもん興味ないわ」
「え~?面白いのに」
「そういえば電子レンジどうなったの?」
電子レンジ、少し前に俺達ラボメンは皆でDメールの実験をしていた。そう、そこまでは皆一眼となってやっていたのだが、
今は電子レンジはただのポンコツと成り果てていた。 
理由は、毎日毎日なん十通も送っていたらぶっ壊れた。しかも、Dメールを送ったハズの自分の携帯を川に落とし、機種変したら
アドレスも変わり、実験そのものが凍結した。
それから今まで、ラボメンは8人に増え、アメリカに帰るハズのクリスが今だこのラボに入り浸っている。
「Dメールなら一時中断だ、鈴羽がもうその実験はやらない方がいいと強くねんを押されたのだ。」
「そうそう、もうそれやんない方がいいよ、今奇跡的に上手く行ってるみたいだし」
そう言って何かのメータ見たいなものを持って来たが、俺にはなんなのかわからなかった。パネルには


『2.034278』


と表示されている。
「それより助手よ、お前はいつまでここにいるのだ?」
「何よ、私がいたら迷惑?」
「迷惑などではないが、どこぞの天才少女がこんなところでだらだらすごして時間を無駄にしていいのか?」
「無駄って言うなし、いいだろ?私だってラボメンのメンバーだから好きに過ごしたって、私だってまだ遊びたいし・・・それに・・・あ、あんたも・・・いるし」
そう言いながらなぜかそっぽを向いた。
「ん?何か言ったか?」
「へ!?い、いやそんな生き急ぐ事ないかなって思ったの!別にあんたといたいからここに残ってるとか、
そんなの全然ありえないんだからな!!//////」
「ツンデレ乙」ダルが横でゲームをしながら答えた。
「まゆりちゃん、採掘の素材が集まらないんだけどどうすればいいかなぁ?」
「ルカくんそれはね、ルカくんのカチコチのキノコを調合すればいいんだよ」
「ちょちょちょ、まゆしぃまゆしぃ、ルカくんのカチコチキノコってもう一度言ってくれないかお?出来れば悩ましげによろ」
まゆしぃ「ルカくんのカチコチ・・・キノコ」
・・・・・・・・・・・
「ん~~文章じゃイマイチつたわんないお」
助手が何をやってるんだコイツ等といわんばかりに白い目でダル達を見た後、こちらに問いかけて来た。
「そんなことよりも岡部、、いっつもラボにいるけど、たまにはどっか出掛けて遊ぶとか言う発想はないのか?」
俺はその言葉を待っていましたと言うように、ニヤリと笑顔を浮かべてその場で立ち上がり、ちゃぶ台に足を乗せ、高らかに拳を天にかかげた。
「聞け!ラボメン諸君!!今から円卓会議第321回を始めたいと思うッ!!」 
「オカリン、こらヽ(`Д´)ノ!!行儀悪いから足おろしなさい、まゆしぃはオカリンをそんな子に育てた覚えはないのです」 
「す、すみません」
足を下し、両手を天高く広げ、再び大声を出す。
「聞け、お前達!!今から宇宙への逃避行(コスモスインエスケープ)大作戦を行う!!」
「なんぞそれ?またオカリンの妄想かなんかか?」
「まぁお前たちの熱望も分かる、内容はこれから説明しよう」
「つまり、今週の土日を使って、ラボメン達の青春を謳歌(おうか)するために、ハワイ旅行ををしようと思う!!」
そう言うと、ラボメン一同から何言ってんだコイツ、やっぱりいつもの妄想か、と興味を無くしたようなしぐさをした。
その中で一人だけ、俺の幼なじみが目を輝かせてこちらを見てきていた 
「すごーい!オカリン!ハワイ旅行に行けるの!?」
「うむ!その通りだ・・・ってお前等!もっと興味を持て!ハワイだぞ!?ハワイ!」
「いや、いつもの妄想がまたハジマタと思って」
「そうよ、岡部、そんなお金万年金欠のこのラボの一体どこにあるのよ?つーかあんたパスポート持ってんの?」
「あぁ・・そうか私パスポート持ってないのです」
まゆりが一人しょんぼりした。
「そうだお、みんなで旅行に行くって所までは賛成だけど、もっと現実を見るべきだお」
「フゥーハハハハハ!!我に秘策有り!!」
「パスポート?そんなものは今から取ればいい!そんなことよりこれを見ろ!」
懐に入れていた大量の紙を差し出す
「!?それってまさか、旅行券!?」
「違うクリスティーナ、この紙は何を隠そう商店街の福引券だッッッ!!」
「先ほどルカ子やミスターブラウンから使わないと言われて大量に貰ったのだ」
「今からこれを商店街に持って行き、1等のワイハ旅行券を当て、ラボメン皆で遊びに行くぞ!!」
そう告げた瞬間全員の興味は別に移った
「っておい!行かないのか!?興味ないのか?」
「あ、トットゥルー♪雷狼竜の碧玉出たよ!」
「え、ホント?まゆりちゃんすごーい」
さっきまで興味深々だったまゆりまでぇ~~~!?
「オカリン、残念ながらその福引は最後まで当たりが出ないで有名なのです」
「そうだお、それは入ってないと噂される伝説の1等だお、ぼくのカンだと何も入ってないとおもわれ」
「す、すみません凶真さん・・・私がそんな福引券なんて持ってきて・・・・」
申し訳なさそうに、こちらをのぞくルカ子がいた。 
「いや、お前が残念がる必要はどこにもないぞルカ子よ!なぜなら今からこの鳳凰院凶真がその1等を当てさえすればいいのだからな!!フゥーハハハハハ!!」
「コラ」
コツんと後からチョップがふってきた。
「アイテッ  ん何をする助手よ!!痛いではないか!」
「あんたねぇ、さっきからなに無茶苦茶言ってんのよ、皆で遊びに行きたいなら素直にそう言いなさいよ、遠出は出来ないけど
近くなら行ってあげてもいいって言ってんの」
「クリスちゃんいいこと言うね、それはまゆしぃ大賛成なのです」
「わ、私もそれなら是非行ってみたいです」 
「ねぇそれって私も行っていいの?」
「もちろんだよ鈴羽ちゃん、ラボメン皆で参加だよ」 
「ぐ・・・ぬぬぬ・・・お前達!!あ、当てると言ったら当てるのだ!!、当たった後で吠えずらかくなよ!もし当たったら
俺の事を土下座して鳳凰院凶真様と言って崇めたててもらうからなあああああああああああぁぁぁぁぁ!!」
バタン!!!ガタタタタタタンッ 
「あ、凶真さん!」
一人外に逃げるように走って出て行った。涙目だった。
「ったく一人でいきなりテンション高いと思ったら何なの?アイツ・・・」
「うううきっと私のせいですぅ・・私が当たりもしない福引券なんて持ってきたから・・・・ううううう」
巫女服の少女がしょんぼりしてうなだれた
「ほっときなさい、アイツの自業自得なんだから、お腹すいたらまた戻って来るでしょ」
「で、でも、きっと皆のために凶真さんは提案したんだと思います。皆んなで集まって遊ぶこと、ここ最近なかなか出来なかったですし
土日が空いてないか、皆んなのスケジュールをこっそり調べてたこと、私、知ってるんです」
「それなのに私ったら・・・軽率なこと・・・ううぅ・・ふえぇ・・ひっく・・・ふぇぇぇぇぇん」
「・・・・・・・・・・・・」 

――夕方になった
 
カァカァとカラスが泣いていて、そろそろ日が暮れるだろう。
俺は反日、秋葉近くの商店街の福引にいた。
その状況は当然だが汗だくで両手の袋にハズレのポケットテッシュが大量に入ったものを持っている。
「あら鳳凰院なんとかさん、大量みたいね」
「鳳凰院凶真、だ助手よ、俺の名ぐらいちゃんと覚えておけ」
こちらを振り向きもせず、くじ引きを睨んでいる岡部が見えた。 
「みんな心配してるわよ?そろそろ帰りましょ岡部」
「鳳凰院凶真と言ってるだろ、」
「ん~じゃぁ間をとってティッシュ岡部ってことで」
「・・・・・・・・」
「言い返す言葉もないぐらい凹んでるわけね」
「ぐ・・・うるさい・・ネラーのくせに」
「そ、その名で呼ぶなバカ、ほら、もう帰るわよ、どうせ全部ティッシュでしょ?」
岡部の目の前のガラガラには、無色の白い玉が大量に転がっている。何回挑んだのだろう・・・両手にもちきれないぐらいテッシュの束がある。 
「いや・・・あと最後の一回がまだ残ってる」
「もういいわよ、どっか皆で近場に遊びに行けばいいじゃない、そんな無理して遠出することもないって・・」
どう慰めてやろうか、その時私はそう考えていた。いつもの暴走に振り回されてるこっちの見にもなってくれと、腕を掴み、苦笑気味に私は思った。 
「月末に帰るんだろ?アメリカ。」
「へ?」岡部の言葉にドキッとした。
「ど、どうして知ってるのよ、誰にも言ってないんですけど」 
「フン、この俺の魔眼にかかればすべてはお見通しだと言っておこう、お前に日本で作った思い出や仲間のことをすんなり忘れてもらっては
困るのだ。そのためにはハワイぐらい強いインパクトある思い出を作らなければ」
そう言いながら岡部は、視線はガラガラから目が離れなかった。
「思い出かぁ・・・なにあんた、私のそんなことのために、福引してたの?あんたバカじゃないの?私なんかのために一人で威勢よく啖呵切って
憤慨してさ、そんで反日ここにいて、・・・そんなので同情ひこうとでも言うの?」
何よ、なんなのよコイツ・・・一人で強がって、何一人で頑張っちゃってるのよ。汗だくだし、かっこわる。いつまで立ってもこれじゃ彼女出来ないわね。
 
 
そんなので引っかかるちょろい女なんて・・・・・・・
 
私ぐらいの物なんだからな・・・バカ・・・
 
「おか・・」  

いつものやっかみセリフを言おうとして、途中で涙声になりそうで、びっくりして止めた。そんな気持ちを知られたくなくて、私はまた、そっぽを向いた 
「ぐすっ・・・バカ岡部・・」
「どうした?」
「な!なんでもないわよ!!///////」
「ん?」
「こっち見んな!!バカっ///////」
うわ・・やばい・・今私ヒドイ顔してるかも・・・今コイツに顔見られたくない・・・・このまま走って帰ろうかな
そう考えた時だった
カランカランカラン!!と鈴の高い音が周囲に響きわたる。
「おおおおお!!」
「え、!?うそ、まさか本当にハワイ!?」
ガラガラの下を見ると、金色の玉が見えた。ウソ、コイツ当てやがった・・・だと!?
「三等、月の宮旅館一行ご招待~~~!!」
「うおい!!店主よ!!ハワイは!?俺はハワイに行きたいのだ!!」
「もう一回!!もう一回だ店主!!店主殿!!」
「いやいや待て青年!!もう玉は全部出切った!もういくらガラガラ回してもこれで終了だ」
「1等ハワイはどうした!」
「いやぁ~ハハ、どうだろう私は見てないんで知らないが誰かが当てたんじゃないのか?」
しらばっくれた。やっぱりハワイなんて最初から入ってなかったのだろう。こんな小さな商店街の福引でハワイなんて高価なものよく考えれば出るわけがない 
「ぐぬぬぬぬ・・・・これではあいつらの唖然とした顔が見れぬではないか」
「ってちょっと待て岡部!」
「なんだ助手よ、そんなに俺の負け面が見たのか、悪趣味な女め」
「違うってば、これ温泉旅館にみんなで行けるんじゃない!?」
「む、そういえば・・・だがしかしハワイとは違うし・・・」
「プッアハハハハ!!」
「な、何を笑っている助手よ!!」
「凄いじゃん!!岡部!!私ハワイよりこの旅館がいい!!これならラボメン皆で行けるし、ぴったりじゃない!!」

18の夏、蒸し暑さの中に吹く風が心地よく、空は大きな入道雲に茜色と真っ青のグラデーションがかかり、綺麗だった。
年甲斐もなく、いや、年相応だったのかもしれない、残念そうな岡部をよそに私は、岡部の腕に両手をからませて、一人ではしゃいでいた。

 


 
って感じで始まります。どうでしょうか。まだラストまで書いてないので手直しするかも。
 
出来たらピクシブにうpします。
 


  


 
今期新アニメの話
 
今期アニメなですが、あんま見てねぇ(-_-;)
 
今期何が面白いんでしょうか?
 
とりあえずバカテスと夏目友人帳は前期から大好きな作品なので、これは絶対に見ます。
 
1話見たけどどちらもめちゃくちゃ面白かったですね。
 
なか夏に合わせた作品って感じがする。
 
まぁ自分四季の中で夏が一番大好きなので、非常にテンション上がりますね。
 
でも新アニメはそれぐらいしか見てないかも。
 
なんか今期ロリアニメ多くない!?
 
自分ロリ苦手なだけどwwww
 
こんなんですが、ロリコンではないんです(汗
 
どうすんだこれwww
 
評判良かったら見ようかなと。
 
ロウキューブとかOP見ただけで萎えたんだけど。
 
アイマスとか作画スゲェと思ったけどなんか見る気しない・・・。
 
キャラ沢山とかあれ描くの大変だろうな・・・
 
おもろいのか謎だ。評判しだいかな。
 

 

 
テイルズオブエクシリアの話

 
自分は半年に一本アクションゲームやんないとストレスが貯まるんですが、
 
今年はエクシリアが出るので、安心してます。 

 
なんかPV出たみたい




なんつーか、ちょっと不安になるなwww 

ちゃんと面白いの作ってくれよと。
 
なんか微妙かなぁ・・・。あんま期待しすぎるとダメですねやっぱ。

このPVの時点でアビスは越えれてないです。
 
アビス並の作品をなんとか作ってくれと。
 
でも沢城さんには期待してます。FF13みたいにならないことを祈る。
 
なんか主人公がライトニングに似てる気がするんで。
 
あとテイルズって毎回思うんですがラスボスがなんとなく分かるww
 
最初からどう考えてもラスボス声だろコイツってのが必ずいるんですよねwww
 
大塚芳忠さんラスボスだろwwww
 
置鮎さんもあやしいけど。たぶん芳忠さんかと。
 

発売前からネタバレみたいなもんだよ。
 
とにかく期待してます。

 

 

あと最後に俺妹ラジオの話なですが、やっと中村さんがキタ━(゚∀゚)━!
 
超楽しみにしてたコレ!!面白かった!!
 
竹達さんと花澤さんにしつこく勝負下着の話を聞き出す中村さんヒドスギワロタwwww
 
ここですらいつもの調子で行くのかよwww 

でも次回最終回とか・・・残念ですね・・・。 

 
 
 
 

PCギャルゲ プレイ感想 * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://itigototyoko.blog109.fc2.com/tb.php/209-82ed83d2












xx HOME xx


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。