FC2ブログ
 最近のアニメ・ゲーム・漫画のニュースや感想をメインに、自分が描いた同人誌の宣伝などをやっていくサイトです。 シナリオのある作品ならなんでも好きです。アニメ・漫画・ゲーム・ラノベ・エロゲ・少女漫画とかも普通に読みます。持ってるゲームハードはPSP・3DS・PS3・Xbox 360
 Copyright © イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!! All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
2017/06← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/08
xxSEARCHxx

xxNEW ENTRYxx

プロフィール

鳳仙鬼:housenki

Author:鳳仙鬼:housenki
 ↓↓↓
俺妹同人誌 


DL販売中

・モンハン3G
3.jpg

 今HR50ぐらい
 


・閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-

kagura_20121012120520.jpg

Vita買えと!?

なまえ:鳳仙鬼(ほうせんき)

FC2ブログへようこそ! 




Angel Beats!を応援してます。
DL販売始めました。
target=_blank>border=0 alt="Angel comics! DLsite.com直リンク">



ランキングサイト参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

ブログランキングのブログん家

人気ブログランキングへ


 
 
現在視聴中アニメ


リトルバスターズ
 
ジョジョの奇妙な冒険

絶園のテンペスト

まおゆう魔王勇者

D.C.III ~ダ・カーポIII~
 
みなみけ ただいま
 
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる
 
閃乱カグラ

THE UNLIMITED 兵部京介

AMNESIA(アムネシア)

僕は友達が少ない NEXT

ビビッドレッド・オペレーション

たまこまーけっと

イクシオンサーガDT

PSYCHO-PASS 【サイコパス】

銀魂 (三期)

ROBOTICS;NOTES【ロボティクス・ノーツ】
 
さくら荘のペットな彼女


 


【現在プレイ中ゲーム!!】



【好きなクリエイター】
麻枝准(シナリオライター・作詞家・作曲家)
丸戸史明(シナリオライター)
タカヒロ(シナリオライター)
野村哲也(ゲームクリエイター・イラストレーター)
堀口悠紀子(アニメーター) 
王雀孫 (シナリオライター)
伏見つかさ (小説作家)

 

 
【好きなアニメ】
CLANNAD
コードギアス
ガンダム00
けいおん!
喰霊-零- 
化物語
Angel Beats!
ベン・トー
ゼーガペイン


【好きな男性声優】
神谷浩史
杉田智和
櫻井孝宏
小野大輔
中村悠一
緑川光

 
【好きな女性声優】

大波こなみ
みる
花澤香菜
早見沙織
後藤沙緒里
石原夏織
松岡 由貴
沢城みゆき
竹達 彩奈

 
【好きなゲーム】
FFⅩ
デビルメイクライ
テイルズオブジアビス
CLANNAD
リトルバスターズ
真剣に私に恋しなさい!


【購入予定のゲーム】

テイルズオブエクシリア2
デビルメイクライ4
モンハン4
レミニセンス(エロゲ)
太陽の子(エロゲ)


 
【オススメ!!ラジオ♪】


・A&G超RADIO SHOW~アニスパ!~
・神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~
・リトバスのラジオ
・杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン
他一週間に10本以上聞いてます 
 

 


 
現在の閲覧者数:

 
【★★★リンク★★★】
 
相互リンク募集中です♪

エロゲー好きのおすすめエロゲー紹介サイト
 
☆アニメ感想ブログ様リンク☆ 


TAKRO的ヲタ日記
 
霧の向こうに繋がる空虚
 
特定しますたm9(`・ω・´)



さくらさくらFESTIVAL!






">banner_momoyo.gif
">syangrila_b.gif
">key.gif
Navel『俺たちに翼はない』を応援しています!
WHITE ALBUM2 -introductory chapter- / Leaf




最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ




カウンター




xxINFOMATIONxx
Welcome to イチゴ☆とチョコと☆デザートイーグル!! !!
メッセージスペースです。
スポンサーサイト 
--/--/-- /--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 * トラックバック(-) * コメント(-) * Page top↑


俺の妹がこんなに可愛いわけがない 小説作ります。 
2010/11/16 /09:48
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 小説作ります。
 
なんか最近俺妹にハマったんですが、どうも俺妹ざんまいすぎてなんか複雑だ・・・・
 

いくらなんでも俺妹に関わり過ぎてる気がするwww
 

一昨日の土日なんですが、ちょうど休みが2日続けてあったんで、
 
何やってたかというと、外に出るでも遊びに行くでもなく、かと言って家でゲームするでもなく、
 
何やってたかっていうと、
 

小説書いてました
 
 
2日間ずっと・・・・
 
アホですね・・・

 


内容は俺妹のあやせの話なんですが、
 
この前小説読み出したばっかりだってのにもう小説書こうとういう魂胆ですよ。
 
まぁちょっと前ABのひなユイ小説は書いてましたけど、
 
これ見てる人ホントに楽しめてるんだろうかと、すげー不安なんですよね。
 
こちとら、人が楽しめるために作っているので、ってか人が読んで面白いと思ってくれるのが、一番の 
 
喜びなんですよ。 
 
それでもっとちゃんとした評価が欲しくて、ピクシブに上げようと思って作ってみたんですが、
 
原稿は完成しました。文章量的には多いのか謎だけど
 
2日で38KB書きました。
 
これ多分けっこう長いので、4回ぐらいに分けて4部構成にして上げる予定なんだけど、
 
肝心の表紙絵が上手くいかねぇ・・・・今回SAIの体験版をダウンロードしまして、
 
それでペンタブを使って書いてたんですが、ペンタブで実線引くのやっぱ難しい・・・!!!
 
う~~ん。  まだ色塗ってないから上げれないんですが、
 
 
どうだろうか・・・・。
 
orz
 
あやせ扉絵
  

 SAIがまだ全然つかいこなせてない(笑)
 
もう今回はこれで色ぬって上げるつもりですが、
 
次また一から書き直すかも。
 
 
なんかぐだぐだだな(笑)
 

次に小説の第一部を上げます。
 
これが今回書いた小説です。俺妹で好きなキャラランキングを上げるとすれば
一位 京介
二位 黒猫
三位 あやせ
 
って感じなんだけど、小説だと桐乃超ムカツクんですよね(笑)
 
アニメはかなり可愛らしく作ってある気がする(笑)
 
ってか急にアニメの話になるけど、スゲェなあれ
 
原作と話が全然変わって来てるwwww
 
まぁ規制もあるんだろうけど、「レイプ」と「カ●ビアンコム」はNGみたいっすね。
 
京介がエロサイト見たの見つかる所、ここ一番面白いのに台無しになってたぞwwwww
 
性奴隷と凌辱はアリなのに・・・どういうことだwwwww
 
あと来週の話なんて、原作全無視の展開だよ!!

 
ってか展開早すぎるんだけど!  やっぱあの話を最後に持ってきたいんだろうな~。 

 
小説の話に戻りますが、今回あやせの話にしたのは、黒猫は原作で展開凄そうなので、あえて書かずに
 
あやせのみにスポットを当てました。
 
次書くとしたら黒猫の話ですね。
 
後半桐乃が出ますが今回と次回はあやせと京介の話になります。  
 
一応ネタバレは避けるようにしてますが、なるだけ、小説読んでる人向けに作ってます。 
 
それではどうぞ_(_^_)_


 


 ピンポーン
呼び鈴が鳴った。

季節は夏。夏休みのある日、俺はあやせに呼び出され、あやせの家の前に来ていた
家を出る前、トイレに行きそびれたから、入ったらすぐ貸して貰おう。まぁそんなことより
「・・・・・・・うーんさて、どうしようかね・・・」
あやせの家の芝生を見ると、野良猫が、気持ちよさそうに寝転んでいた。
日差しが強い。いい天気だ。こんな日に一緒に出かけたらさぞ楽しいだろうな・・・ありえないけど・・・
今回は何の相談だろうか? 
・・・・・
また桐乃の相談だろうか、あいつ桐乃のことになると周りが見えなくなっちまうからな・・・
まぁ今回は、あやせの前じゃ暴走するのがいつもの俺なんだが、真面目に聞くことにしている。
頼りになるお兄さんって所を見せつけてやるんだ!
あまり暴走しすぎると、もう二度と家に入れてくれなくなるだろうからな、フフン もう
同じ鉄は踏まないぜ!!
あ、ちなみにフリじゃないからな?これ。
そう思いながら、いつものようにインターホンを押した所、あやせが出てきた。
「こんにちは京介さん、やっと来てくれましたか」
「ようあやせ!こんにちは!」
俺は満面の笑みを浮かべてさわやかに答えた
「・・・・・なんか会っていきなりお前顔が引つってるんだけど、なんだか俺が嫌いみたいに見えるぞ?」
「嫌いですけどなにか?」
予想通り普通に返された。そう返されたら返されたで傷つくんですけど。
「今日もその、なんだお前の母さんはいるのか?」
「いえ、今日はお仕事で家を開けていますが?」
!!
そう言われておれは急にわくわくしてきた。こういう時何ていうんだっけ、そうワクテカ、wktkだ。
「ちょっと、何ニヤニヤしてるんですか気持ち悪い、もし変な事しようとしたらブチ殺しますからね」
「あ、ああ!わかってるよ、でも今日は俺とお前の二人っきりだろ?」
そう言うと、ものすごく冷たい目でこちらを見てきた。
「ひぃっ・・・・ってなんでさけずんだ目で見てるのにそんな喜んだ顔してるんですか!!」
「い、いやぁ・・俺もなぜだか知らないが、そんな目で見られると非常に興奮してしまうんだよ」
「こ、この変態!!」
あやせはきょろきょろと周囲を見回し、ホッとした様子で
「早く入ってください!近所にこんな変態と一緒にいるところ見られたらどうするんですか!?」
「いや、そんなこと言われても。なら早く上げてくれよ」
「チッ」っと舌打ちしてあやせは俺の手をつかみ家に連れていった

綾瀬の部屋に来たのは何日ぶりだろうか、相変わらず綺麗に整頓されていて
桐乃の部屋とは全然違った石鹸のいい匂いがした
そしていつものように俺に手錠をはめられた。ベットの柵と、俺の右腕にひとつづつ。
ガチャりと重い音がした
・・・相変わらず人間の扱いじゃねぇなこれは。 
まるで囚人だ。俺は何も悪いことしてないんだが・・。つーかこれ本物なのか?
一体こんなのどこで手に入れたんだか・・・
「さて、早速なんだが、ちょっとトイレを借りていいか?」
 
「お断りします」
 
トイレに行くのをいきなり拒絶された
「いやいや、普通家に遊びに来たらトイレぐらい貸してくれるだろ!?」
「なんか、変態的なことをしでかしそうで嫌なんです」
「しねーよ!! 中学生の家に遊びにきてトイレで一体何をするんだよ!!」

「そ、そりゃあ京介さんがその・・私の家で・・ぇ・・・する気ですか!! 」
「は?なんて言ってるか聞こえねーよ?」
「もごもご・・・」
「いや、意味がわらんはっきりしろ!」
 
「わ、私の家で・ひ・・ひ・・一人エッチする気ですかーっ!!」
 
顔を耳まで真っ赤にして大声を出した。
「ってなんてこと言わせるんじゃ死ねええええええええええええええ!!」
顔をバちんと叩かれてしまった。 
想像力豊かすぎるわ!!んなことするわけねーだろ!!ったくそんなこと想像するあやせの
方がよっぽどエロいからな。
 
くそうなぜかトイレに行くことを認めてくれない・・・・
下手すると本当に行かせてくれないぞ。なんとか説得せねば。

「あ、あのさぁ俺ここに来るまで結構我慢して来てんだよ、早くしないと漏れちまうよ?
ここで漏らすより普通にトイレ貸してくれる方がいいと思うよ?
だいたいお前の相談を聞きに来てやってるんだからな?そんなことでぐずぐずやってると一向に
お前の悩みは解決しないぜ?」
もぞもぞと我慢するしぐさでうったいかけた。
「ぐ・・・仕方ないですね・・・手錠は両手に掛けますからね!」
「わかったよ、でも外してくれないか?もしひっかけちまったらお前も嫌だろ?」
「な、何汚いことしようとしてるんですか!この変態!!」
「はっ! そうやって逃げるつもりなんですね!?私の態度が悪いばっかりに!!」
俺は囚人かなんかか?一体何をしたって言うんだ・・・ただ中学生の悩みを聞きに来ただけなのに
なんでこんなにいやがられているんだ・・・今回はまだスイッチ入ってないシラフな
状態なんだぞ?そんなことを思っていたら、本気でやばくなってきた。
「うっ!!やばいマジ漏れるこれ漏れる!!」
「ええええええええええええええええーっ!!」
「ちょっと!お兄さん!!本気で漏らすのはやめて下さいね!!わ、分かりましたよ
今すぐ外しますから!!」
流石に俺の尋常じゃない訴える顔を見て察っしたのか、急いで手錠をはずそうとした。
ガチャガチャガチャガチャ
「あ、あれ!?」 
すると、焦っているのか上手く穴にカギが入らない。
「ちょ!ちょっと待ってください!!」
手が震えている、こいつそんなんなるんならはじめからさっさと外せばいいものを・・
まぁそりゃぁ俺がここに漏らすなんてことになったら家に呼んでくれないどころか、
二度と口聞いてくれないだろうからな・・・
 
あ、ちなみに小さい方だぞ?
 
まぁそんな流石に漏らそうなんて思わないんだが・・いや、全力でそれは抗うが
本気でヤバくなったら覚悟を決めるしかないだろう。
ガチャリ
「あ!開いた!!」
ベットの方のだけだが、今回はもう仕方ないだろう、片方に手錠をぶら下げたままたずねた
「よし!トイレはどこなんだ!?」
「部屋を出て、右の突き当たりのところにあります!」
「分かった!」
「ってちょっとまって!!」
みを乗り出した所であやせに声を掛けられた
ん!?今度はなんだ?もう俺本気で限界なんですけど・・・ 
「もう一つの手錠も外させて下さい!ひ、ひっかけられたら大変ですから!」
いやいや、もうそんなこと言ってる余裕はないんだが!!
俺が強引に行こうとすると、あやせが立ちふさがった
「だ!ダメって言って・・・・」
「「うわぁ!!」」
その時、俺は本気で焦っていて、気が回らなくなっていてそのままあやせに衝突してしまい
2人して床に転がった。
ドターーーン
「い・・ててて  おいあやせ大丈夫か!?」
「きゃあああ!!」
いきなりあやせの叫ぶ声が聞こえた。どうした?いや、俺はまだ漏らしてはいないぞ!?
一体何が起きたんだ?
「て、手錠が・・・」
前を見ると真っ青になってるあやせの顔があった
視線を落とし、あやせ右手を見てみる、そこには外れた方の手錠がガッチリハマっていたのだ。
うお・・なんでそうなったんだ
「早くカギで開けてくれよ!」 
「カ、カギが無いんです」
・・・・・・・・は?
鍵がないだと!?今手に持ってたじゃないか、そうか、今倒れた衝撃でどっか飛んでいってしまったのか
その辺をぱっと見渡しても、鍵はなかった。あやせもきょろきょろしていたがないらしい。
「ひとつ聞きたいんだが、いいか?」
「え?なんですか?」
「ケガはないか?」
まずこれを聞かなきゃならない。それだけはトイレなんかより重要だ。
「え、ええそれは大丈夫ですけど、ってかぼーっとしてないであなたも早く探して下さい!」
「よし、なら問題無い」
「え?きゃっ!ちょ・・・なにす・・」
俺はあやせを抱え、強引にトイレに駆け出した。
そう、
 
 
「タ イ ム リ ミ ッ ト だ」
 
 
「いやあああああああああああああああああああああああああーっ!!」

 
その日、あやせの叫び声は、家中に響き渡った。
 
 
 
 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 


 
 

 ↓読まれた方は1クリックしてくれると嬉しいです。
Imageduusp.jpg


俺の妹がこんなに可愛いわけがない * Trackback(0) * Comment(0) * Page top↑


←PREV xx HOME xx NEXT→


トラックバックURL
→http://itigototyoko.blog109.fc2.com/tb.php/162-a8ccf3bf












xx HOME xx


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。